北の猫たち展 2015

北の猫たち展 2015

参加作家 プロフィール (順不同)

青舎 又猫青舎 又猫
小樽市生まれ。1999年/絵本「たんぽぽ」にて作家デビュー。以後、ウサギシリーズ、化け猫シリーズ、主に猫を主としたパステル画などの作品を発表。カナダ、東京、他、江別・札幌・小樽などの道央圏を中心にグループ展、個展に出展。

 

山口 信子山口 信子
小樽在住。夫とともに「木彫工房メリーゴーランド」を営む。野鳥や魚、リスなどの小動物をモチーフにした木彫表札・壁飾りなどを工房で制作しておりますが、永遠の表現素材「猫」にもまた、惹かれております。アクリル画・木製のブローチなどに「猫達」が登場します。

猫家猫家(にゃんこや)
小樽市出身。ワーカーズコレクティブ参加後猫家(にゃんこや)として、外国産の猫の生地を使ったカードケース・ブックカバー・トートバッグなど毎日使える小物類を作っております。

 

山下 絵理奈山下 絵理奈
1987年 札幌生まれ。
2005年 愛猫「コロチャン・ミニコロちゃん」をモデルに絵を描き始める。
2009年 「猫の足あとミニギャラリー」オープン。
現在、砂川市在住、週2回ギャラリーにて活動中。小学校高学年の時に、知的障害及び精神障害の合併症また自閉症の疑いもありと診断される。

莫工房

莫工房
木綿の生地に染料で刷毛染め、筆描きを重ね絵に仕上げる莫工房独自の絵画です。アトリエの窓辺で遊ぶ野鳥やエゾリスを楽しみながら、猫3匹に制作の邪魔をされる日々です。

 

吉澤 美恵子

吉澤 美恵子
1959年 岩内町生まれ。
1979年 歯科衛生士学校卒業。札幌で就職。猫を飼う。
1983年 結婚。出産。
公務員の夫の転勤で釧路・旭川・千葉・仙台を経て札幌在住。母の長期入院の際、喜ばせようと羊毛フェルトの猫を作り始めたのがきっかけで、猫作家となる。

池田 富次

池田 富次
1978年 多摩美術大学卒業。
1979年 東京都八王子市に富陶工房設立。
1992年 北海道蘭越町に移住。
1993年 クラフト&ギャラリー道里夢設立。
2000年 工房内に陶芸体験教室を開始。
2001年 積丹町教育委員会陶芸サークル講師。
2002年 京極町教育委員会陶芸サークル講師。

アトリエ和か

アトリエ和か(のどか)
2012年、札幌市内にアトリエとショップをオープン。猫や動物をモチーフにしたオリジナルデザインの七宝焼を制作・販売しています。

 

フカセユキエ

フカセユキエ
イラストを中心に、その他猫のこまごまとしたモノを制作しています。

 

 

かきはら ひとみ

かきはら ひとみ
恵庭市出身。猫などの動物専門イラストレーターとしてペット肖像画や企業イラストを制作。
2011年 学研児童出版書「なぜ?どうして?動物のお話」表紙イラスト制作。
2013年 千歳市自主文化事業として千歳市民ギャラリーにて「かきはらひとみ動物イラスト展」開催。
2014年 新さっぽろギャラリーにて個展開催。

小林 淳子

小林 淳子
1968年 当別町生まれ。
1990年 北海道造形デザイン専門学校・グラフィック科卒。スウェーデン交流センター・木工房へ。
2000年 木工房樹喜舎設立。
2003年 のらねこ「にゃあ」が子猫を出産♪写真を撮り始める。
2008年 札幌エコデザイン展入賞。
2012年 第4回木工房のねこたち展開催(家具と写真とねこ小物)。
2014年 第5回木工房のねこたち展開催。